Moon Code ムーンコード 文鮮明師の語るみ言は成約時代の聖書であり暗号だった!

UC本部、当時の公式見解?

UC本部、当時の公式見解?

とりあえずのコメントでしたが・・・


UCの公式解説ではありませんが、当時世界会長(7男)は、特に、2012.1.18のみ言に対するコメント(Twitter 配信)として、以下の様にメッセージを配信しています。


_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/


過去3年、お父様は「原理本体論」についての修練会に出席することの重要性を強調されてきました。これは私の理解するところでは、摂理的な必要性から来るものです。


すなわち私たちは、真の父母とは、摂理の過程から見て、どういう人なのかの理解を更新しなければならないということです。


私はお父様が、いま明かしておられる神とルーシェルについての新しい真理と堕落の真の意味を、我々に理解させようとして、この教育の機会を設けられたのだと考えます。


お父様は、読者が下に読まれるような問題について続いて話されると思われますので、できるかぎりお父様のさらなる説明を追っていこうと思います。当然ながらより多く聞けば、それだけ理解が深まるからです。


_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/


このコメントから伺い知る事が出来るのは、先ずは、世界会長自身の考えを示す事で、組織的な混乱を最小限に抑え様と、とりあえずの処置をしたのではないか、という事です。


これが、的確なコメントだったかどうかは良く分かりませんが、とにかく、UC本体としては一日も早く、新しい堕落論として構築し直し、出来得る限り公式的なものとして発表したいところだったのではないでしょうか。




今、ムーンコードが!に戻る / 前のページに戻る / 次のページに行く




メールマガジン MCI 通信




解ける喜び!分かる喜び!通じる喜び!

ムーンコード解読情報満載のメールマガジンです!

直前のページへ戻る

お名前*
メールアドレス*


powered by Quick Homepage Maker 5.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional