Moon Code ムーンコード 文鮮明師の語るみ言は成約時代の聖書であり暗号だった!

答えは単純明快!

答えは単純明快!

ムーンコード(新堕落論?を含む)はどんな人々に提供すべきか?


これは、単純明快!


結論はいたって明快です。


既に「大動揺」を甘受できる準備が整っている方です。


では、それは一体どんな方々か? これも、至って明快です。それは、天国に入る人ではなく「天国を造る人々」です。


『天国に入る人々』ではなく『天国を造る人々』へ!


争って、先に自分が天国に入ろうとする動機を先立てていらっしゃる人々は難しいかも知れません。


「自分が天国に入る(入れる?)とするならば、一番最後でもいいや!」。


あるいは「確か、自分は天国を造る為にUCに来ていた筈だ。今もその為に働いているつもりだ。我先に助けて頂くつもりはないし、お世話になるつもりは毛頭ない。」という様な、当時の入教の動機を今尚かたくなに所有している様な方々が良いかもと思います。


固定化されず、常に上向きの成長を望む人々に!


また、動機の成長に(心の成長に)、今尚、熱心である人であればある程良いかと思います。いつも、より次元の高い真理と真実を探し求め、決して凝り固まったり諦めて留まっていない方、良い意味で変化を常に求め、かつ、それを楽しめる様な方々が良いのではないかと思います。


勿論、全てのUC信徒の皆様に知って頂きたいのですが、現実的には動機の成長過程によっては受け止めきれない内容です。


せめて、この様に、「ムーンコード(新堕落論を含む)」を知る為の心の準備をして頂ける様、また、大動揺に十二分に耐えうる器を備えられる様、そのプロセスを懇切丁寧に手伝って差し上げるべきかと思います。


私達の知る限りで恐縮ですが、現下のUC(分派圏を含む)信徒にとって、大動揺を経験する事は、神様と文先生の事情と心情に触れ父子の心情と血統を相続し本当の意味での親子の因縁を回復して行く為には、敢えて、避ける事が出来ない内容となっています。


しかしながら、ややもすれば受け止められず、かえって自暴自棄になったり、UCに関わった事自体が恨みとなってしまったりという懸念は拭えないのです。


そこで次に、この「Moon Code=ムーンコード(新堕落論を含む)を理解する事で得られる「希望」は何か?」について説明しておきたいと思います。




今、ムーンコードが!に戻る / 前のページに戻る / 次のページに行く




メールマガジン MCI 通信




解ける喜び!分かる喜び!通じる喜び!

ムーンコード解読情報満載のメールマガジンです!

直前のページへ戻る

お名前*
メールアドレス*


powered by Quick Homepage Maker 5.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional